【解決】やりたいことを見つける方法

辛い日々を送っている同志がいる

”なんで、自分だけがこんな目に合うのか。。”

”この先一体どうすれば良いのか…”

”もう何一つ「やりたいこと」など無い”

そう思う。。そう。。そう思うのであれば、

”これから出来ることはないのだろうか?”

それが本来の”生きる”って意味ではないのだろうか?

自分と同じ考え方や感性をもった人間はいない。

でも、同じ様な状況に置かれている人間は山程いるだろう。

どーにか解決してあげることが出来ないだろうか?

本当に出来ないのはしょーがない。

本当にやりたいことを、やれない。

こんなに辛いことは無いだろう。

それでも、、出来ない。

”何故だろう?”

1.怖い
2.恥ずかしい
3.迷惑をかける

この3つを同時に感じるならば、大抵の人間は出来ない。

大げさに例えるならば、

全裸で街中に服を買いに行くようなものだからだ。

それを知っている。

だから辛い。

しかし、一度やってしまえば”怖さ”や”恥ずかしさ”なんてものは半減されるだろう。

迷惑をかけないで生きるなんて、不可能な話。

相手を悲しませなければ、迷惑を掛けてしまう事自体には、何の問題もない。

苛立つ迷惑なんて、解決方法はいくらでもあるのだから。

人生、ヤッたもん勝ち。そして、学んだもん勝ちだ。

目標が無ければ努力は出来ない

努力する理由が必要だからだ。

”理由が無くても生きていれる”

”理由が有れば、生きて行ける”

前者には”望み”が無い。

望みが無ければ生きている意味もない。

それなのに生きている。

“行く場所”が無いんだ。

だから辛い。

後者には”望み”が有り”苦痛”も有る。

だから”生”を歩める。

歩くから”景色”が変わり、人と出会う。

だから楽しい。

誰もがチャレンジする怖さを知っているんだ。

その場所に留まり続ける必要はない。

気が済んだら、帰ればいい。

気楽に行こう。

やりたいことが分からない理由

何になりたい訳でもなく、ただ人生を過ごしている

そんな人は多い筈だ。

人はある程度、人生を経験すれば

沢山の”優しさや痛み、苦しみ、寂しさ”に触れる。

そして、自分の思ったように簡単に物事は進まないことを知り、行動力が無くなるからだ。

さらに、気付いたときには、離れられないような”責任”という”重荷”を背負っている。

”ああしとけば良かったのになぁ…”
”こんなことは嫌だなぁ…”
”あんな風になれたらいいのになぁ…”

やりたいことが無いと言う人に限って、漠然とした”なりたい答え”だけを持っている。

例えば、
”お金持ちになりたい”という漠然とした思いを”A”とし、
行動力を”B”、発想力を”C”、他人から貴方に支払われる金銭を”D”、お金持ちを”E”とすると、
次のような式が出来上がる。

A×B×C=F
F×G=D

どうだろうか?

なんと”E”が存在しないことに気がつく筈だ。
”E”なんて考えるだけ無駄であり、単なる欲望に過ぎないということだ。

お金持ちの判断基準は計る人の”ものさし”によって違う。
ただ単に”D”に高い価を入れたいだけの単純な話であることが分かる。

Fは”努力値”であり、Gはそれに対する”需要”だ。

この例の場合、ただ単に全く意味の無い目標”E”を見つめ、ボヤけた景色を見て、札束が空から降ってくるのを待つことしか出来ない。

例えばだが、本来は”お金持ちになりたい”じゃなくて、”人との繋がりを大切にしたい”→”ありがとうと言われたい”→飲食店を経営したい→技術を身につけたい→アルバイトをする→本を沢山読んで知識をつける→…

…のように、そんな、”小さいやりたいこと”を行動し、積み重ねた結果、たまたまお金持ちになりましたよ!っていう話なだけだ。

欲望に任せてやりたいことを考えるから”やりたいこと”の本質にいつまでも気付かない。

欲望の先を手に入れれば、後は飽きるだけなんだ。

思いやりを大切にしよう。

自分で感じろ!馬鹿の情報に躍らされるな!

既存の事柄に対して、お手本となる人間は何処かにいる筈だ。

しかし、殆どの情報は信用してはならない。

馬鹿なヤツの言うことを聞いて完全に納得してしまうことは馬鹿げているからだ。

何をするにしても”やらなければ”出来ない。

当たり前の話だが、これが出来ない人は意外と多い。

複数の余計な情報に振り回されるからだ。

もちろん、失敗が許されない場合はその沢山の情報を認知する必要がある。

しかし、初めて何かに”チャレンジ”する場合、そんな無駄な情報は必要がない。

自分は他人では無いからだ。

自分が”やってみて”感じた事に対して”向上”したいと思う部分だけを考えれば良い。

1.やってみる

2.万が一、上手くいかなければ”自分の頭で考える

3.解らなければ、初めて他者の意見に耳を傾けることが必要になる。

この順番を間違えれば

出来ることが出来なくなる可能性がある。

大概の人間は、その先にある危険を真っ先に予知するからだ。

それは、時を経て、失敗談と重なり”怖く”なる。

そして、やらないから、1mmの楽しさも無いんだ。

ヤル気なんか起きないだろう。

ヤル前の情報なんて、参考程度に聞き流すぐらいで丁度良い。

順番を間違えなければ、身に沁み込むように良い意見が入ってくる。

本当に大切で必要なもの

根本にあるものは単純な”欲望”では無く、”他人を思いやる心”ではないだろうか?
そして、拭いようの無い己の”寂しさ”や”虚しさ”を埋める為に”やりたいこと”は生まれるのではないだろうか?

”やりたいこと”が無いなら、ポッカリと空いた”寂しさ””虚しさ”がありませんか?
誰かの為かつ、自分の為に全てを賭けて出来ることはありませんか?

心の底から涙を流すように湧いて出てくるはずだ。
余計なことは考えるな。
そして、自分の心の弱さから簡単に逃げるな。

簡単に逃げるから痛みも達成感も知らない。永遠とやりたい事など見つからない。
自分の為にならないなら、努力なんて出来ない。
ただそれだけだ。

楽しさを見つけ、さらにその先を極めろ!

ここでの楽しさは与えられたものでは無く、自らが望むものだ。
この”楽しさ”とは、自分の探究心なるものである。
これは、自らが望んでいなくとも、極めた時に、他人に感動や衝撃を与えることが出来てしまう。

他人からしたら、くだらないと思う事でも異常な程に極めてしまえば、相応の見返りがある。

努力が継続出来るようになり、試行錯誤出来るようにもなるだろう。
また、他者からの評価を得ることで、より達成感を得るはずだ。
ここから、また新しい”発見”や”やりたいこと”も見つかるかもしれない。

楽しさとは”理解”と”創造”でもあることを忘れずにいよう。

最後に

人生っていうのは本当に一瞬の連続であって、二度と同じ時を歩むことは出来ない。だから、後悔せぬように生きよう。などと綺麗ごとを抜かすヤツがいるが、後悔は何回しても良い。
それだけ、人それぞれに新しい発見があるんだ。だから、自分だけの大切なものが見つかったんだろ?だから、これから先の一瞬を核心を持って頑張れるんだよ。
時間を大切に。