【整備】NEW FIGHTAR 150 ZR インジェクター清掃

2021年3月15日

はじめに

”1年放置”からの”エンジン不動”→”燃料ポンプ交換”→”走行中に異音がする”って感じの現在。根本的に放置が原因とすれば、何かの詰まりが原因かなっ?と思われる。異音は『エンジン付近から』”ビばビばビビビッビば”みたいな音だ。特に、高速域と急な坂道で音が聞こえるので、恐らく燃料ポンプの延長線上、、、”インジェクター”かな?”プラグ”かな?といったところが怪しい。とりあえず、駆動系はほっておく。一個ずつやらないと何が原因か訳わからなくなる。笑

インジェクターを取り外す

シートの10mm頭のネジを4本取り外し、インジェクターを確認する。インジェクター自体は配線と燃料ホース2本(片方ドレン)で繋がっていて、8mm頭のネジ一本で止まっている。まずは、燃料ホースのホースバンドを取り外し、ホースを外す。 ※よく、ホース自体を力任せで引っ張る人がいるが、それは間違いで、軽く引っ張り、ネジりながらホースの先端をマイナスドライバーとかで、押してやると簡単に外れる。それでも硬い場合は軽くヒートガンで暖めたり、小口からクリーナーを軽く吹き込んで滑りやすくする。

ちなみに今日は夜22時、気温0度の作業だ。笑

 

 

インジェクターのカプラを取り外す

このカプラーだが、少し特殊なカプラーになっている。振動等で絶対抜けないように、”コの字のピン”でツメが外れないようにロックされている構造だ。普通の電装系のカプラと同じ様にして外そうにも外れないわけだ。よく、試行錯誤して、ここのカプラを割ってしまう人がいるが、実際はこのピンを抜くと、いとも簡単に外れる。

逆に装着する場合は、ピンを先にいれておいて、あとはカプラーを挿すだけでロックされる。

実際にやってみると構造が分かる筈だ。

無理にマイナスドライバーなどを突っ込んでコネたりしないようにしよう。

 

ピンを引き抜けば簡単に外れる
取り外したインジェクタ

インジェクターを清掃する

清掃は”パーツクリーナー”噴射で攻略することにした。”超音波洗浄”とかいう高価かつ手に入らないものは使用しない方向だ。実際にどれだけの効果の違いがあるのかも分からないが。笑

今回は、ホース側の片方をメクラして、残りの方にクリーナーのノズルをテープで固定する。そして、外部電源を通してインジェクターの吐き出し口を開かせる。そこに、クリーナーを容赦なくぶちまける作戦を採用した。

メクラはホームセンターに売ってある、ネジのキャップ。
テープは普通のビニールテープ。
外部電源はジャンプスターターの電源を使った。勿論バッテリーから取ってもいいだろう。(噂では乾電池2つ繋げてでも出来るらしい)とりあえず、電源とアルコールを使用するので、火事に注意しよう。
いざ、噴射してみると、10秒ぐらいしたところで、二股に大きく分かれていた霧が、1つの綺麗なまとまりのある霧に変化するのが分かった。おまけに10秒ぐらい噴射して終了。

あとは、逆の手順で組みなおすだけだ。

最後に

いざ乗ってみると、明らかに違う!というか、完璧に治ってしまった。笑
中速から高回転域のトルクが確実にパワーアップし、急な上り坂も50kmしか出なかったのが、70kmオーバーまで確認できた。
音の根本的な原因は不明だが、インジェクタが関係していたんだなーっと思い酒を飲んでる今日このごろである。